各種法要の
ご案内

各種法要のご案内

弔問と会葬の常識
葬儀、法事編は
こちらをクリック

 法要名 備考   由来と意義  親戚への連絡  食事の準備  引き出物の準備
 初七日
(しょなのか)
死亡日から数えて7日目の行う法要ですが、最近では葬儀の当日に行う方が増えています。   不動明王(ふどうみょうおう)
生前犯した罪の点検と清浄化、迷わない心を授けて下さいます。

親戚全員とお手伝いをして頂いた方々 
 
一人に一膳
 一家族に1個
 ニ、七日
(ふたなのか)
亡くなった日から14日目。
ごく近しい身内のみで行います。 
 釈迦如来(しゃかにょらい)
仏教の基本となる教えに導きます。
 遺族のみ ×   ×
三、七日
(みなのか)
亡くなった日から21日目。
ごく近しい身内のみで行います。
 文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
学ぶ知恵と心構えを授けて下さいます。
遺族のみ ×  × 
 四、七日
(よなのか)
亡くなった日から28日目。
ごく近しい身内のみで行います。 
 普賢菩薩(ふげんぼさつ)
教えを実践しようとする力、修行を担当します。
遺族のみ  ×  × 
 五、七日
(いつなのか)
亡くなった日から35日目。
ごく近しい身内のみで行います。 
 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
仏の道に落ちこぼれた人々をも導き救います。
遺族のみ  ×  × 
 六、七日
(むなのか)
亡くなった日から42日目。
ごく近しい身内のみで行います。 
 弥勒菩薩(みろくぼさつ)
教えの永続性、悟りの広がりへと導きます。
遺族のみ  ×  × 
 七、七日
(しちなのか)
四十九日(しじゅうくにち)
亡くなった日から49日目に行う法要で、
最近では参列者に考慮し土曜日や日曜日に繰り上げて行います。 
 薬師如来(やくしにょらい)
今までの修行の総点検をしてくださいます。
三親等までの親戚とお葬式中にお世話になった方  一人に一膳 一家族に一個 
 百日忌
(ひゃくにちき)
亡くなった日から100日目。
ごく近しい身内のみで行います。 
 観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)
慈悲の心によって修行の楽しさと教え喜びに導きます。
遺族のみ  ×  × 
 一周忌
(いっしゅうき)
亡くなった年の翌年の祥月祥日 (命日)。最近では、参列者に考慮し、土曜日や日曜日に繰り上げて行います。  勢至菩薩(せいしぼさつ)
無限の光明と知恵によりさらなる精進へと導きます。
三親等まで  一人に一膳  一家族に一個 
 三回忌
(さんかいき)
亡くなった年を1として2年目の祥月祥日
(命日)。一周忌の翌年にすぐ行います。 
 阿弥陀如来(あみだにょらい)
ひたすら信仰に徹するという一念に導きます。
 三親等まで 一人に一膳  一家族に一個 
 七回忌
(ななかいき)
亡くなった年を 1として6年目の命日。七回忌以降は、出席者を順次絞っていきます。  阿閦如来(あしゅくにょらい)
悟りや信心より堅固なものに導きます。
二親等まで  一人に一膳  一家族に一個 
 十三回忌
(じゅうさんかいき)
亡くなった年を1として12年目の命日。早い方だと十三回忌で永代供養にする場合もあります。   大日如来(だいにちにょらい)
大日如来様は天地すべての生命の実体です。
これまでの修行、悟りを点検し更に大きな悟りへと導きます。
二親等まで  一人に一膳  一家族に一個 
 十七回忌
(じゅうななかいき)
亡くなった年を1として16年目の命日    〃 二親等まで  一人に一膳  一家族に一個 
 二十三回忌
(にじゅうさんかいき)
亡くなった年を1として22年目の命日    〃  二親等まで  一人に一膳  一家族に一個 
 (二十五回忌) 亡くなった年を1として24年目の命日    〃       
 二十七回忌
(にじゅうななかいき)
亡くなった年を1として26年目の命日     〃      
 三十三回忌
(さんじゅうさんかいき)
亡くなった年を1として32年目の命日   虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
三十三年にわたる長い修行の締めくくりとして死者は菩薩の世界に入ります。死者はこれより「ご先祖様=守り神」の仲間入りをすることになります。
     
 三十七回忌
(さんじゅうななかいき)
亡くなった年を1として36年目の命日         
 四十三回忌
(よんじゅうさんかいき)
 亡くなった年を1として42年目の命日        
 五十回忌
(ごじゅっかいき)
亡くなった年を1として49年目の命日。
一般的には、五十回忌で永代供養にします。 
       
百回忌
(ひゃくかいき)
亡くなった年を1として99年目の命日。
永代供養にします。 
       
 その他の法要
 月命日
(月忌:がっき)
 月々の命日で仏壇に供物を供え、
お墓参りをします。
最近では法要を行わない方が多いです。
       
 祥月命日
(しょうつきめいにち)
 年忌以外の年の命日で仏壇に供物を供え、お墓参りをします。
最近では法要を行わない方が多いです。
       
 施餓鬼法要
(せがきほうよう)
 餓鬼の世界におちて苦しむ亡者に食物を供えて弔う法会。
もともと時節を選ばずに行われたが、盂蘭盆会とともに行われることが多く、両者が混同されるようになった。地域によっては百日忌に併せて行う場合もある。
       
           
 お盆やお彼岸 仏壇に供物を備え、お墓参りをします。        
TOPページ   永光祈念墓    墓地    永代祠堂    各種法要    弔問と会葬    問い合わせ    資料請求

西 蓮 寺