第1条  西蓮寺(以下「寺」と称する)の境内墓地(以下「墓地」と称する)は、西蓮寺に帰属
     する檀家、及びその縁故者の墳墓の用に供する。
     本規程は、前項の墓地の管理・使用に関する基準を定め、その管理・使用の適正
     を図ることを目的とする。


第2条  墓地の管理者(以下「管理者」と称する)は、寺の代表役員とする。

第3条  管理者は、本規程、及び責任役員会の定める墓地使用規程細則に従って墓地を管
     理しなければならない。 

第4条  墓地の使用者(以下「使用者」と称する)は寺の檀家に限る。但し、寺と特別の関係
     があると住職が認める時は、この限りでない。

第5条  墓地の使用を申し込む者は、入檀料・墓地使用料を寺に収め申込書に所定事項を
     記載し、寺の発行する承諾書により承諾を得なければならない。

第6条  墓地使用権を返還する時は、管理者に届け出なければならない。
     前項の場合、いかなる理由があろうとも、入檀料・墓地使用料・護持費は返還さ
     れない。

第7条  使用者は、次の各号に定めるところに従って、墓地を使用しなければならない。
     ① 焼骨を埋蔵若しくは収蔵しようとする時は、あらかじめ管理者に対し、法令に基づ
       く火葬許可証、改葬許可証等を提出し、寺の典礼に従わなければならない。
     ② 使用者は管理者の指定して区画を使用し、その区画を自己の費用で他人の区画
       と区分し、墓碑その他工作物を設置し、その保全にあたるものとする。
     ③ 墓地上の工作物の設置、及びその変更、改造、移転については、事前に管理者
       の承認を受けなければならない。
     ④ 墓地上の樹木の植栽は原則として認めない。
     ⑤ 使用者は、墓地1区画 年間8千円の護持費を納入しなければならない。
     ⑥ 使用者は、施餓鬼会の供養を毎年行わなければならない。この費用については
       寺から送付する施餓鬼案内に基づいて支払うものとする。
     ⑦ 使用者は、その他寺の典礼をもって追善供養を行うものとする。

第8条  使用者が次の各号の1に該当した時は、寺は使用者に対して使用を解除することができる。
     ① 寺の典礼、法要、儀式及び慣行を無視し、または妨げたとき。
     ② 境内または墓地内で、他寺の典礼、法要、儀式その他の宗教行為を行ったとき。
     ③ 使用者が寺の檀家でなくなったとき。
     ④ 使用者が墓地使用権を第三者に譲渡、または転貸したとき。

     使用者が次の各号に該当する時は、管理者は相当の期限内に履行または改善
     若しくは除去をできる。使用者が管理者の指示に従わない時は、寺はその使用を解除する
     ことができる。
     ① 墓地以外の目的に使用したとき。
     ② 正当な事由なく5年以上寺に参詣しないとき。
     ③ 3年以上、護持費の納入を怠ったとき。
     ④ 3年以上、施餓鬼会の供養を怠ったとき。
     ⑤ 墓地上の墓碑その他の工作物が倒壊、破損その他の修繕を要する状態にあるとき。


第9条  使用者が死亡した時は、寺の檀家である祭祀承継者がその地位を承継する。墓地使用
     権の承継者は、寺に対して、遅延なくその旨を届け出なければならない。
     墓地使用者が、前項以外の親族に承継せしめる必要が生じたときは、その事由を付し
     寺の承認を得なければならない。




西 蓮 寺

第10条  管理者が墓地につき、公用収用の必要のため、又は整備その他の必要のため、使用者
      に対して改装を求めた時は、使用者はこれを拒んではならない。
     本規程第8条により使用が解除された時は使用者は直ちに墓地上の墓碑その他の
     工作物を撤去し、墓地を管理者に返還しなければならない。
     使用を解除された後2年以内に、使用者が前項の手続きを完了しない時は、管理者は
     その墓地に関する改装の手続きをすることができる。

第11条  本規程の改廃は、寺の責任役員会で議決を得て行う。


附則 1  本規程は、平成10年4月1日より施行する。

墓地使用規程

TOPページ   永光祈念墓    墓地    永代祠堂    各種法要    弔問と会葬    問い合わせ    資料請求